精選実例         
王姉さんの眷村料理

王姉さんの物語

台湾はかつて1150の眷村があって、台北だけで43箇所。しかし、台北市内の眷村は次々再構築して、現在25個が残りました。この眷村が再構築、取り壊され、眷村の文化も早期の精神も散らばってしまいました。しかし、竹の柵を取り外すと共に、眷村の食文化も多様に台湾文化に溶け込みました。餃子、牛肉麺、小籠包など多様な料理が一般庶民の主食になります。寿司、ハンバーガー、ピザなどの異国美食と同じように国際ステージに躍進しました。眷村の料理は深い「家庭の味がする」と言われて王姉さんの「眷村料理」はこの深い「味」がします。「忠字号」の誕生は、我々の「舌の記憶」の中にある美味しい味を復活させたいとの思いから。自分の家族を世話するように、念入りに選んだ美味しい食材、健康をこだわる製造過程と衛生な包装工程など、各項目のハイレベルな点検と検証を終えた後、独特な商品を売り出しました

 

「忠字号」は一つ一つのお口を満足にさせ、みんなの心を暖めます。おふくろの味がする王姉さんの眷村料理をみんなの「舌の記憶」を呼び起こします

 

便利で有効な開店123のシステム

しかし、注文が急増したため、元の注文を処理するシステムに負荷がかかってしまい、他の人の手を借りて処理しなければならななく、かなり手間がかかりました。この経験から、王姉さんはNicoに会いに来ました。 Nicoはシステムを取り替えようとお勧めしました。開店123のシステムは比較的に安定していて、一回だけでモールの勘定、代金請求、流通量などの問題を解決できて、便利です。昔のシステムで対応する注文のような苦悩がなく、クリックで解決できます。

 

王姉さんの眷村料理は成功できるているのは、商品自身とサービスの良さだけでなく、開店123のおかげでもあります。

more cases
上一則:吉野家 幸せを発見
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||