精選実例         
吉野家 幸せを発見

 

ブランドを創立する物語

百年のブランド–吉野家
吉野家は日本からのブランドで、1899年に松田栄吉さんが日本橋の市場で牛丼を創立しました。そして,1926年日本の築地で吉野家の最初の店舗を開きました。吉野家のブランドの文化もここで築き上がりました。吉野家のマークは「オレンジ色」を下色として、黒い「牛角」のマークは吉野家の英語のYoshinoyaの「Y」から、その「牛角」を囲んでいる縄状のものは日本の相撲の最高ランクの「横綱」の意味で、自分の食品は「横綱」(チャンピオン)級の産品として象徴しています。一番外の縄状は27粒の米で作り上げて、米を意味します。つまり、このマークの全体の意味は吉野家が「一番美味しい牛丼」を販売するという意味です。

 

顧客至上の吉野家は幸せ満点のこだわりを実行するために、台湾の吉野家の総経理蘇嬉螢氏がこう述べました。客が吉野家に入ったとき笑顔で客を迎える店員が見えるだけではなく、大声で『吉野家で幸せを発見します』と叫ぶ声も聞こえます;注文した後や食べ物を取る時も親切でご注文の食べ物をもう一度確認します。客が吉野家を離れる時も、『吉野家にお越しいただきありがとうございました』と聞こえます。吉野家は日本の顧客サービス文化だけではなく、さらに吉野家の経営理念とブランド文化も導入しています。

 

ネット出店の辛さと楽しさ

吉野家はネットで次々と新たな計画を出します
景気低迷のため、食材の価格の変動も激しくなります。台湾のコンビニ、朝食屋も次々と昼食、夕食の販売を始めました。集客を増やすため、吉野家も積極的に新商品を開発し、朝食やアフタヌーンティーなどのお得なプランを登場させます。即時に公式ホームページに新しい情報とプロモーションプランを更新するだけではなく、『吉野家で幸せを発見します』というFacebookのファンページも成立して、両方をリンクし即時にメッセージを頂き、顧客サービス満足を図ります。商品をもっと多様にするため、吉野家は特別にお土産を研究開発して、さらに開店123のネットショッピングプラットホームと連結します。消費者がネットで簡単にオーダーできます。そして管理者も便利な商品アップロード管理と即時の注文システムを利用し、すべてのシステムを把握できます。不要なトラブルを排除し、収入も増えました。

公式ホームページの発展あるいは状況の展望
日本からの吉野家はもう113年の歴史があり、台湾での経営も25年になりました。消費者にもっと吉野家のことを理解頂くために、公式ホームページを2012年の初めに設立、食材産地の標示を添付し、消費者に安心して召し上がって頂きます。各国の吉野家(日本、米国、香港など)を繋げ、消費者に吉野家の世界中での経営状況をお知らせします。完全なオーダー情報によって消費者に吉野家の現在のメニューと最新のプロモーションイベントをはっきり区別します。今流行っているFBファンページをつくり、オンラインで顧客とコミュニケーションをとっています。不定期に抽選のイベントを行い、ファンの関心を引きます。内容が豊富ですが、電子商取引の部分が欠如しています。偶然の機会で開店123と出会い、迅速にこの店について対応し、現在のウェブサイトが改善し、多様化しました。

吉野家は開店123を選んだ理由は、御社のプラットホームのインターフェイス操作が簡単で使い易く、完全なコンサルティングサービスの提供です。オンラインでの返答も早く、完全な流通量表、顧客情報と注文内容を提供することができます、大手企業の顧客をサービス提供したこともあり、最新の電子商取引の技術も持っています、さらに最も大切なのは専門的なキャンーぺーン方法と顧客がオンラインにすることを指導し、スケジュールを立ててくれます。このおかげで、吉野家に短時間で効率的な管理ができました。

吉野家は今日本での総店舗数は1500軒を超えました、海外の市場も台湾、中国、アメリカ、フィリピン、シンガポール、香港、インドネシア、マレーシアなどの国にも、合計約500軒の支店を持ちます。1988年に台湾の初の吉野家は台北館前路に開幕し、2015年、台湾の吉野家は現在の56店舗からさらに100店舗まで増えています。もっとたくさんの台湾人に日本の国民の食を楽しんでもらうだけではなく、台湾での求職の機会を与え社会に貢献したいと考えています。

心を込めてサービスをし、幸せを見つけます。
台湾の吉野家は日本の吉野家の伝統を受け継いで、“心を込めてサービスをし、幸せを見つける”という経営理念を持ち、お客様をもてなします。吉野家が提供しているものはただの商品ではなく、来客に心という調味料を加えて調理した丼を提供させていただきたいです。顧客に吉野家で幸せの味を発見してほしいです。

安心、心を込める–厳選食材
台湾の吉野家は日本の生産者と交渉した後、台湾政府の法的輸入手続きに従って、各審査を合格して、安全な衛生検査の流れを通し、自主検査を行った後、全世界の吉野家で唯一オーストラリアの穀物肥育牛を使う地域となります。吉野家の牛丼に新たなマイルストーンを書きました。

ブランド文化を築き上げ、幸せの素を注入する
台湾吉野家は遠見雑誌の2011年に台湾のサービス業界大調査のチェーン店ファストフード類の第5位を得ました。2012年に工商時報とSGS台湾の点検科学技術が共同に開催した2012年タ台湾のサービス業界の大評価「チェーン店中(日)のファストフード類」の金メダルを得ました。

上一則:山田村一〜ネットでの大人気なデザートブランドを作り上げる
下一則:王姉さんの眷村料理
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||
系統提供商 - 開店123,系統版本 1.0