精選実例         
ECはクロスボーダー貿易の最新通路モード

クロスボーダー電子商取引のビジネスチャンスが無限

現在、世界中の大型電子商取引市場はクロスボーダー貿易の経営モードに入りつつあります。国際市場を開拓し、国境なき取引のEC市場を作ろうと努力しています。アップルストアやアマゾンなど海外のネットショッピングモールでもいい、みんなさんはネットでの買い物に慣れていると信じています。しかし、国内のオンラインショッピングの大部分はまだ国内の取引に限られています。EC電子商取引の経営者として、国際市場に発展し、最大のビジネスチャンスを得るべきと考えています。誰にも負けることのない、クロスボーダー貿易にチャレンジをするべきです。どうクロスボーダー電子商取引を実現成功するかは、全てのEC経営者の最大な目標です 。

 
 

 

開店123のCEO安晨妤Nico Anは台湾でクロスボーダー貿易を行っている企業の90%強は中国市場だと言います。ヨーロッパ、アメリカ、日本の市場を目標としている企業は僅か10%です。要するに、言語コミュニケーションの問題もなく、文化背景が近い中国は台湾のクロスボーダー貿易の優先選択だと述べました。

開店123は今年8月、バックエンドの新しいシステムを多言語で作成予定です。 開店123はクライアントと共に世界中の取引をできるようサービスを提供します。胸を張って、現地の人が開店123を簡単に操作することができると信じています。バックエンドには現在英語版、簡体字中国語版、日本語版とポルトガル語があります。ぜひご利用ください。

 

クロスボーダー貿易の経営が複雑です

クロスボーダー貿易の経営は複雑です。もっとも基本なのは正しいプラットフォームを使って販売し、物流・決済に対して最良な計画を行うことです。例えば、海外の買い手はど支払うか、商品はどうやって配送するか、返品交換や法則税務など、これらはたくさんのクロスボーダー電子商取引の経営者がよく遭遇する問題です。しかし、全体的に言えばECクロスボーダー貿易はもう台湾電子商取引の経営者が国際市場を開拓するために歩くべき道なのです。

インターネットは国境がないという特性が備わっています。経営者はネットショップを通じてクロスボーダー貿易を行うことができます。また目標市場の法令に制限なく、商品も自由に出品し、商品検査も必要なし、リスクも低いです。もし公式ホームページを利用し、直接クロスボーダー貿易をするのなら、開店123のCEO安晨妤Nico Anはこうアドバイスします。 公式ホームページを設立するとき四つのポイントを兼ねるべきです。流通の情報が現地の文化と市場のニーズに適し、経営者の現地化、価格がの明確化、ネットでの広告は消費者のニーズに合わせるなどのことです。この中で一番重要なのは流通の情報のローカル化です。スターバックスの公式サイトを例として、各地域のコーヒー文化が違い、各国の行事も異なるので、公式サイト設置の国に合わせて、異なる国のマーケティングニーズに適合しなければなりません。

CEO安晨妤Nico Anは、もしお店が異なるマーケティングに合わせ経営したければ、各国や地域に違うウェブサイトが必要です。例えばAgnes bはアメリカ、日本、台湾各国のウェブサイトの情報の基本のデザインやイメージの表示以外、ほとんどのローカル文化の習性を中心とします。各地区のマーケティングに応じて流通の情報を掲載するのは有効な経営に繋がります。

開店123はあなたと共に成長し、あなたの事業の良いパートナーです。お客様に電子商取引の最強の勝者になって頂くのは、我々の務めです。

 

【開店123】

顧客視点は開店123のサービス精神の一つです。顧客のニーズに応えるのは開店123の目指すべき方向です。ご質問があればご気軽に我々にお申し付け下さい。すぐに解決させていただきます。

上一則:王姉さんの眷村料理
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||
系統提供商 - 開店123,系統版本 1.0