精選実例         
ハッカー予防に必要なインフォメーション

ハッカー予防に必要なインフォメーション

昔、電子商取引を経営する環境に、ウイルス、詐欺というものが全然ありません。次々とウイルス、ハッカーなどが現れ、様々な手段で侵入します。現在一年間約10軒のクライアントが ハッキングされたというお知らせがあるのです。ハッキングされていない人は、初めて電話を受ける時、みんな緊張しました。時々ハッカーや詐欺師は消費者の振りをして、まずあなたのウェブサイトで物を買い、物事が発生した後また自分が騙された振りをします。僅か低価格の商品(例えば、300〜1,000元が...)を買っても十万元を騙される可能性があります。ですから、こういう状況にあった時お店は必ず警戒心を持って、詳細の電話資料及び他の情報を全て保存してください。

 
 

各コンピュータ自体は定期的にウイルス対策を行うべきです、完全なハードウェアおよびソフトウェアのセキュリティを強化しましょう

電子商取引の経営者として、必ず毎月ハッカー、詐欺事件を発生するときに対処する手順及びその状況、事件が発生した時、まず、専門家が統一的にハッキングされたクライアントの電話を受け、そして電話番号、名前、プロセス、ウェブサイトの流れ、いくら騙されたか、一つずつ詳しく記録して録音します。次:詐欺された被害者の関連資料を警察あるいはあなたのシステムメーカーに提供します。彼らは第1時間に助けられ、理解できます。初めて詐欺に合われたクライアントは普通パニックに陥って、解決策がわからないですので、責任を人のせいにしがちです。しかし、今のハッカーはかなり賢いです。こっそりクライアントのパソコンに潜り込んで、クライアントの真似をします。早期のハッカーはインフォメーションメーカーの間違いを利用するわけではないです。現在の場合はクライアントとメーカーがお互いに協力するべきです。二回以上ハッキングされたクライアントは正常のルートで問題を徹底的に解決せず、責任を情報会社にするか、それとも保留にします。

 

現在ハッカー予防対策はたくさんの会社がしています。実は各パソコン自体を定期的にウイルス対策を行うべきです。またインフォメーション会社は完全なハードウェアおよびソフトウェアのセキュリティサービスを提供し、アドバイスを聞いて改善するべきです。現在セキュリティ防護のメーカーがどんどん増えますから、電子商取引メーカーを探す時以下のような注意点があります。第一:会社は大体30人以上のスタッフがいます;第二:会社創立は少なくとも5年以上;第三:大型企業のケースをしたことがあります。例えば通信会社、銀行業者など、こうすれば根拠があります。誰でも自分のシステムに問題があるとは認めません、ですから、大型メーカーであればという角度から選べば、一定の水準があると信じます。

現在詐欺集団が次々と現れています。あなたは実店舗が開いているように、セキュリティ設備を装置しても、空き巣に入られる可能性もあります。ですから、お店の店員さんによくモニターをチェックさせなければなりません。何かあれば損失を最低限にすることができます。普段はあなたのクライアントがお店にいるときカバンは横に置かず、自分で持ってください。消費者が発注するとき、もし不成功だったら、一度オーダーをキャンセルして、もう一度発注してくださいと知らせるべきです。もちろん取引を失いたくないですが、こういう事件が滅多にないですので、いくつかの注文のために、自分の消費者やお店のスタッフにトレーニングを続けるべきです。

どの情報会社に替えても、どのハッカー予防、セキュリティ防護の会社を探しても、100%ハッカー予防できると言える人がいません。また、お店側にもいくつかアドバイスをさせていただきたいです。第1点:あなたは取引をするとき消費者がカスタマーセンターで調べられるオーダーは一ヶ月以内の資料だけで、他のオーダーは定期的に会社でネットのない場所においてください。ハッカーはきっとネットを通じて関連資料を盗むので、ショッピングモールの詳細資料内容を減らして商品の買い物、取引したオーダーだけあれば十分です。完全なクライアントの資料、オーダー資料を安全なところに保存したほうがいいです。第2点:あなたは結成した後オーダーシートの電話番号0を6に変えて、詐欺集団がこれらの関連資料をもらって電話をかけても通じないです。あるいは名前を変更してもいいです。オーダーに関わる詳細資料をできるだけ減らし、または違うインフォメーションを変えてAをBに交換する、会社内部の人しか正確な資料がわからないようにします。この論理で、クライアントでも、消費者でも全ての詐欺率を最小限にすることができます。

詐欺、ハッカーの手法は次々と現れ、どうやって、インフォメーション側、システム側、正常の流れの消費者側およびクライアントを保護する資料側から完全なデータ統合のプロセスを行うのか、インフォメーションメーカーとお店の両方が協力しなければならないと考えています。たくさんの詐欺会社はよくどうやって詐欺するかを討論していても、商家とインフォメーションメーカーがお互いに協力し、不正行為の防止を強化すれば予防することができます。つまり、電子商取引のクライアントとインフォメーションメーカーは共同にセキュリティの問題をメンテナンスし重視すべきです。

 

【開店123】

顧客視点は開店123のサービス精神の一つです。顧客のニーズに応えるのは開店123の目指すべき方向です。ご質問があればご気軽に我々にお申し付け下さい。すぐに解決させていただきます。

上一則:王姉さんの眷村料理
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||