精選実例         
ネット商戦に向けて10の戸惑い
 

開店123はトレーニングに力を入れています。現在電子商取引のクライアントが一番よく会った問題は、電子商取引を理解していないということです。最初に電子商取引に踏み込んだ時、一般の企業はまず資金を準備し、一年間で立ち上げようとします。しかし、ちゃんと電子商取引を学ばなければ、一年間も足らずに多くの喪失感を味わうようになります。それよりに、電子商取引をゆっくり運営し、着実に行った方がいいです。

開店123が提供しているのは単なるシステムサービスではなく、システムのサービスは僅か20%に占めます。80%は電子商取引後のアフターサービスとコンサルティングサービスです。

 

電子商取引の十の戸惑いは以下の通り:

 1. ネットショップは学ばなくてもネットで店を開くことができて金儲けできます
 2. システムのハッカーの問題は、システム・オペレータの責任です
 3. キャンペーンはウェブサイトより大切です
 4. ネットショップのコストは賃貸費用のみ
 5. ショップのシステムはバグがありません、他のシステム(ERP...など)も問題がありません
 6. 銀行のクレジットカード決済のシステムはオンラインすれば問題ないです。オーダーミスの問題がありません
 7. コンビニ配送のシステムは商品を出荷すれば、ミスすることがありません
 8. システムのカスタマイズ機能は計画さえすれば、ウェブサイトのブラウザインターフェイスの機能がすぐ使えます
 9. コンサルティングサービスが多ければ多いほどいいです
10. 一回学べば、二度とシステムとメンテナンスの運営を学習する必要はありません

お客様は、開店123を社内の電子商取引部門に代わる役割を担うことができます。資源を同期し、システム上、キャンペーン、ハッカーさらに国際市場での問題に遭遇しても私たちは直接にお客様と 話し合い一緒に戦いながら、前進しようと願います。

開店123のすべての教育訓練は、新しい機能のプロセスが含まれています、次のとおりです:

1.ニーズを理解する
2.関連するニーズをアドバイスする
3.ウェブサイトを構築する
 

開店123のトレーニングの流れは次のとおりです:

1.電子商取引の基本のシステム
2.電子商取引のキャンペーンウェブサイトのデザイン
3.電子商取引のキャンペーンのコンサルティング
 

トレーニングのフレームワークはこの上下三つの流れの循環です。これも開店123の主旨です。 みんなさんは毎週の木曜日の午後3時に開店123のトレーニングのレッスンを受けることが出来ます。我々のトレーニングシステムを完全化することができて、あなたがこのレッスンを聴いた後も、実際に電子商取引のECモールのニーズを理解することができます。

 
 

【開店123】

顧客視点は開店123のサービス精神の一つです。顧客のニーズに応えるのは開店123の目指すべき方向です。ご質問があればご気軽に我々にお申し付け下さい。すぐに解決させていただきます。

上一則:王姉さんの眷村料理
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||
系統提供商 - 開店123,系統版本 1.0