精選実例         
山田村一〜ネットでの大人気なデザートブランドを作り上げる

 常にイノベーションし、自分の道を成功的に開拓する

ネットでの人気なデザートブランド山田村一は、デザートのマーケティングでブームを作りました。この成功の背後に険しい成長の道があります。創設者の谢志邦氏は投資失敗で一千万元の損失を被ります。 しかし、今毎月200万元の売上高を作り上げ、変わり続ける姿勢で自分の世界を開拓します

近年インターネットでの人気なデザートブランドと言えば、多くの人が最初の思い付いつくのは「山田村一」です。ブリュレ、半熟卵ケーキ、グラタンの生チーズなど、毎回、山田村一が新商品を発表するたびに業界で旋風を巻き上げます。

 

しかし、このネットで大人気なデザートブランドを築き上げた創設者の谢志邦氏、元々ベーキング専門者ではなく、人一倍の根性と創造力プラスうまくネットでの販売の特性を把握でき、僅か7年で、毎年の売上が二千万元を超え、クライアントが台湾各地にいます。

今年40歳の谢志邦氏は大学の時、統計を学んでいましたが、アートとデザインが熱愛し、卒業後グラフィックデザインの仕事に従事していました。彼は現状を満足せず、早くから自分の事業をやろうと思って、最初友達とデザイン関係の会社を建てたり、台湾風の生春き、ベーグル、ケーキなどの食品関係のお店を開いたり、四回も試しましたが、実らずにいました。

しかし、2008年の時、谢志邦はネットのビジネスチャンスを発見し友達と大胆に「山田村一」というブランドを創立して、そしてインターネットを通して、ケーキやデザートを売り始めました。初期、彼らは、工場と協力し、サンプルを作った後、生産してみます。もし審査に通過したら、大量に生産でき、最後谢志邦氏がウェブページ、キャンーペーン、販売などして商品を売り出そうとしていました。

 

ネットでのビジネスチャンスを発見し自分の決めた道を信じます

始めの頃、ベーキングができない谢志邦氏が自分にも馴染みない食品業界を従事するのは成功するわけがないと、周りの人に疑われていました。さらに、誰がネットでケーキを買うかと疑った人もいます。しかし負けず嫌いの彼は、オンラインショッピングの今後の発展を信じて、自分が正しいと思う道一筋を歩きだしました。「ほとんどの人は最初に自分の事業を開拓するとき、自分の馴染みの道を選びますが、ビジネスとは生産と商売にすぎない。最初ケーキがどうやって作るのかわからなくても、人を雇って美味しい商品を作れて、どうやって売るのがわかれば、これも成功ビジネスなれるじゃありませんか」

 

最初インターネットでケーキやデザートを販売するお店がまだ少なかったです。その理由は集客が不安定で、顧客クレームの処理、返品なども面倒です。だから、一部分の老舗が、チャレンジするのみ。そのあと、この市場から手を引き、販売代理店と協力することになりました。しかし、谢志邦氏が逆に違うビジネスチャンスが見えました。「資本金が持っていない人はネットからやるべきだと思い、こういうわけで販売時間、空間の限制がないネットに着手したほうがベストです。斬新な商品さえ出せば、ネット友達を引き寄せて買い物させればいいです。」

最初のとき、谢志邦氏は力を入れて綺麗な公式ホームページを作り上げたが、それなりのオーダー数量に出せなく、クリックされる回数もあんまり多くないです。その原因を探れば山田村一は新しいブランドですから、知名度もないし、口コミも少ない、その時はフェースブックまだ盛んではないですので、ウェブベージがいくら綺麗でも人が閲覧に来なければ意味ないです。

考えまくった彼は基本から着手すると決めました。「パソコンを置いて、DMを配ることを始めよう」10万枚の公式ホームページと商品が写っているダイレクトメールをプリントアウトして、バイクに乗って、自分で区役所、学校、夜市など人出の多いところでダイレクトメールを配りに行きます。そのおかげで、ホームページをクリックされる回数やオーダー数もだんだん成長し、ネット友達の好評も受けて、沢山の人の関心を引き寄せました。

 

基本に戻り
DMを配り、客を引き寄せる

谢志邦氏の分析により、ネット友達の集荷客効果以外、簡単で便利な注文方法の流れも大切です。その時代、QRコードがまだ流行っていませんが、私たちはダイレクトメールを発信しネット友にわかりやすい方法でアプローチします。

基本のクリック率があり、一部分の資金も貯めたあと、さらなる客を開拓するため、谢志邦氏は小規模ネットの広告を買い始めました。まずよく売れるプラットホームから着手し、ネット友に一番接触できるページを探して、そしてその下に店の広告を載せ、ネット友のリッリク数を増やします。一方、会員登録すれば、割引できるという方式を利用し、客に会員登録させます。自分で雑誌を作って印刷して、会員や客に配り、買い戻し率を増やさせます。

こういうキャンぺーんで、山田村一の商売がどんどん繁盛し、サプライヤーの注意も引きました。一緒に提携したいと申しました。大部分のネット出店者にとって良いチャンスだと思いますが、谢志邦氏はかなり慎重です。もし提携したい業者に会えば、最初に「露出方法を聞かせてくれませんか」と聞きます。さらに自分でその露出効果と能力をチェックします。小さな会社ですから、人手も足りなくて、もしその提携はあんまり売れないのに、人を雇って毎日業績やオーダー数を見ても人力の無駄ですので、提携業者は慎重に選ぶべきだと述べました。

ベーキングできない谢志邦氏は商品の開発にはとても厳しいです。最初工場を通して商品を生産しますが、商品の発想から、実際のサンプルを作るなど何度も繰り返しテストしてから発売します。工場と長年協力してきた彼は工場の品質が把握しづらくてそして、商品開発のスピードも遅いと思い、出店三年後、機械を投資し、自分で生産するようにしました。

「商売の鉄則は変わることだ」と谢志邦氏が述べました。ネットでの競争はかなり激しくて、新しい商品もどんどん売り出され、ネット友はブランドの維持度がほとんどないです。客の買い戻しを守る谢志邦氏の分析により、ネット友にお金を出して物を買わせる方法は人に引く商品以外、簡単で便利なオーダーの流れも大切です。その時代QRコードがまだ流行っていませんが、私たちはダイレクトメールでネット友にわかりやすくて注文できます。

基本のクリック率があり、一部分の資金も貯めたあと、さらなる客源を開拓するため、谢志邦氏は小さなネットの広告を買い始めました。まずよく売れるプラットホームから着手し、自分でオーダーの流れで一番ネット友に接触できるページを探して、そしてその下に店の広告を載せられ、ネット友のリッリク数を引きます。一方、会員登録すれば、割引できるという方式を利用し、客に会員登録させます。自分で雑誌を作ってプリントアウトして、会員や客に配り、買い戻し率を増やします。

こういうキャンーペンで、山田村一の商売がどんどん繁盛し、ディストリビューターの注意も引きました。一緒にクラボレーションしたいと申しました。大部分のネット出店者にとって良いチャンスだと思いますが、谢志邦氏はかなり慎重です。もしクラボレーションしたい業者に会えば、最初に「露出方法を聞かせてくれませんか」と聞きます。さらに自分でその露出効果と能力をチェックします。小さな会社ですから、人手も足りなくて、もしそのクラボレーションはあんまり売れないのに、人を雇って毎日業績やオーダー数を見ても人力の無駄ですので、クラボレーションの業者は慎重に選ぶべきだと述べました。

ベーキングできない谢志邦氏は商品の開発にはとても厳しいです。最初工場を通して商品を生産しますが、商品の発想から、実際のサンプルを作るなど何度も繰り返してテストしてから発売できます。工場と長年協力してきた彼は工場の品質が把握しづらくてそして、商品開発のスピードも遅いと思い、出店三年後、機械を投資し、自分で生産するようにしました。

「商売の鉄則は変わることだ」と谢志邦氏がのべました。ネットでの競争はかなり激しくて、新しい商品もどんどん売り出され、ネット友はブランドの維持度がほとんどないです。客の買い戻しを守る、不二の法則は新しい商品の発売です。自分で生産すると決めた後、彼はベーキング専門の副料理長や主任料理長しか選ばなかったです。「これらのコックはシェフほど人気が高くないですが、技術が完璧で、ベーキングに対するこだわりもないし、私に合わせて、いろいろな開発をチャレンジすることができます。それも私たちは他の店より商品開発のスピードが早いコツです。」

 

イノベーションして、客の買い戻しを引き寄せる 

私が一番憧れているのはアップルの創立者ジョブズの革新を求める態度です。同じ商品でも、今の基礎を基づいてイノベーションし続ければ、客も認めます。ですから、山田村一の一つずつの商品は基本的には十回以上の改良をしました。ある商品は20回も改めました。何かインスピレーションがあれば作ってみます。」デザートの良さはかなり主観ですが変化さえあれば、客に新しい期待と体験を与えられます。そうしないと企業が永遠に進歩できません。

業績の成長とともに、昔のような電話、ファクス、メールでオーダーを受けるのは少なくなりました。よくオーダーや宅配便が間違った状況がある、元々混乱した生産ラインをさらに悪化させますので、谢志邦氏はネットシステムのプラットホームを運用し>配送や決済などを統合します。さらにクラウドコンピューティングを通して、オーダーの処理にもっと効率があげさせ、錯誤を大分減らせました。一方、ウェブサイトレイアウトの設計を更新するスピードもさらに早くなります。クラウドコンピューティングのプラットホームシステムはクレームの流れを簡潔にし、お店の評判も良くなります。

今年の三月、山田村一は販売のプラットホームシステムのエラーで客が二つのケーキを注文したのに、18個のケーキをもらったという状況が発生してしまいました。すべての注文で100件以上のエラーが発生し、二十万元を損失した上、ニュースにも掲載されました。この損失を被ったあと、彼は笑って気軽な態度で向かいました。クレームを処理が簡単になれば簡単なほどいいです。「私たちは返品のことで客と揉めるよりいいサービスで客の買い戻しをしてもらいたいです。」

 

成功には近道がない
一生懸命やって初心を見つける

会社を創立するこの7年間、山田村一もいつも順風満帆なわけではありません。2011年にブランドの知名度を開いた始めのころたくさんのデパートやショッピングモールからのカウンターを設立の誘いが絶えず、通路を開拓するいいチャンスだと思い、五軒のショッピングモールと契約を結びましたが、ちょうど可塑剤の嵐に当たり、食品業界がバブルに陥りました。ネットでの販売はもちろん、実際のお店の売り上げぐっと下がりました。当時デパートやショッピングモールとの契約がまだ1年半もありますので、状況を見守ろうと思い、経営し続けたが、結局運営さえできない窮地に落ちました。

最後、谢志邦氏は契約を中止することを決めて、投資した設備を全部売り出せ、デパートやショッピングモールに契約不履行の損失を賠償しました、2年間の時間で1000万元以上の借金を背負いました。スランプに陥ったとき、さらに離婚、恐怖症などを経験しました。

しかし、彼はこの困難に打たれることなく、ネットに戻り、新しい産品を発売するようにしました。グラタンの生チーズはこの時期に開発しました。「一番苦しい時期は、銀行に月4、50万の借金を返さなければなりません、将来のことなど考えられない、ただ明日のオーダーを作り出そうと持っただけです」と谢志邦氏が言いました。こうやって「一生懸命やる」という信念でその辛い時期を乗り越えました、毎日ケーキ作りや新産品の開発に専念し、他のことを思い出さないのが一番の治療です。

三年間かけて、彼は、やっとすべての借金を返して、山田村一の運営も軌道に乗せ、今、月の平均の売り上げは2百万元です。彼は今も忙しい毎日を過ごしています。オーダーを受け、客サービス、新製品の研究開発に専念しています。「成功には近道がない、目標を向かって一生懸命やるだけで、成功できます」

 

ネットの将来を見込んで
カスタマイズのデザイトを開発する

谢志邦氏は変わり続ける信念で夢はネットのデザートのマーケティングをさらに広げたいです。現在ネットのサービスはかなり成熟しましたが、デザートの販売はまだ一般的な味の商品がメインです。いつか甘いデザートを本当の「カスタマイズ」をしたい、客がシステムで欲しい味や具材が選べ、自分オリジナルのケーキを作って欲しいです。

彼の夢に対して、妄想にふけると思う人が多いですが、谢志邦氏は諦めない。「ネットでやれることは本当に多すぎ、客のことを配慮させれば、もっと便利で、新鮮味がある商品を作られます。ちょっと手間をかけても大丈夫です。これも未来成功できる唯一の道です!」

下一則:吉野家 幸せを発見
== Don't remove this. == -- == Don't remove this. == 0||
系統提供商 - 開店123,系統版本 1.0